ITに免許が必要かどうか

もしもIT業界に免許があれば、もっと胸を張って面接を受けることが出来るという気持ちになる人もいるでしょう。
資格は持っていても免許が無いということにより、転職がしづらいということもあるかもしれません。

でもそれは全ての人に言えることですので、免許というものにこだわる必要はないでしょう。
実際に免許が必要な仕事の場合でしたら、免許取得は必須というようなこともありますが、IT業界においてはそういったことがありません。

免許を持っていないからといって、資格で勝負をするというように考える人もいるかもしれません。
でも面接において確かに有利かもしれませんが、資格をどんなにたくさん取得している人でも、人としての魅力が無いというような人では「うちの会社に必要ない」というように思われることもあるでしょう。

逆に、資格が無くても魅力がある人物だと思われて、転職したいと思い面接に行ったら採用されたということもあるのです。
自分の魅力というものはどこにあるんだということを知っておくことは必要なことでしょう。

自分に魅力が無いからこそ、免許や資格に頼るというような人間には出来ればなりたくないものです。
実際に、自分の魅力の1つとして資格や免許を活用するのならば良いのですが、そうではないのでしたら、自分に自信の持てるような生き方とは何かということを考えてみることが必要です。

信念のようなものをしっかり持つということも必要です。
それは実は免許よりも大切なものになるかもしれないのです。
IT業界でエンジニアとして腰を据えて働くには、その他にもメンタル面で必要となってくるものがあるのです。