ITと高齢者の関係

私の周りには高齢者でも、ITを使いこなし楽しく便利に利用している人が結構います。そしてそのような話を聞くことも多いです。
それはとても良いことだと思います。
実際にセミナーなどに行くような高齢者もいるようですから、今後も高齢者がITを使いこなせる確率が高くなると思います。

高齢者がIT機器を使いこなせるようになっていけば、介護など高齢化社会への不安を持つ人も、未来が少し明るくなると思います。
今何をしていることが楽しいかという問いに対して高齢者が、IT機器を使用している時というように答える時代ももうすぐやってくるように思います。

実際に、今はそれが当然というように思っている人も多いでしょう。
そして夫婦の間で教え合ったり、学んだりしている人もいるようです。
更には、自分の子供に教えてもらうといようなこともあるでしょう。

自分の親がITを学びたいというように思っているのであれば、喜んで教えることが必要だと思います。
面倒だと思うような気持ちもあるかもしれませんが、親が楽しく嬉しい気持ちを持ってくれることは、子供として喜ばしいことではないでしょうか。

趣味がなく、何もすることがない・・と高齢者となる親が落ち込んでいるのなら、ITの世界を少し教えてあげてもいいかもしれません。
優しく丁寧に教えることにより高齢者の頭の中に入り、興味もわいてくるということもあるでしょう。

子供として親の喜ぶ姿を見たいと思う気持ちがある人は多いはずですから、そういう場合は、スマホやタブレットなどでもいいので、その人に合いそうなIT機器を与えるといいですね。